スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一杯でつぶれる素人の酒日記 「千代の光 しぼりたて生」


千代の光 しぼりたて生 (千代の光酒造)
200906141853000.jpg

今日はニコマスじゃありません。ごめんなさい!(見捨てないでね

 というわけで、酔った勢いで今日の一杯。帰省時に東京へ戻るときは必ず地酒を持ってくるので、それを記録しておこうかと思います。不定期中の不定期並びに新潟の酒のみという偏った記録になるかと思われますが、地酒というのは星の数ほどあるので当分は続くはず。

 さて、初回は↑の千代の光しぼりたて生(正式名称はどう呼べばいいのでしょうか)。箱とは別に遮光性のある袋の中に入っています。あまりお酒は飲まないもので、これは衝撃的でした。日本酒はよくフルーツのような~と例えられますが、これは本当に何か未知の果物で作られているような感じでしたよ。スッキリ爽快でつい飲みすぎてしまいがちですが、夏の冷酒としてはピッタリかも。

今日も一杯でモウダメダ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。