スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレーム(コマ)数に見る気持ち良さ

あっさりレビュー

 例の件以降、ニコマスの敷居を下げようとする動きが出ているように思えます。月末の企画とも合わさって、もっと盛り上がるといいですね。

 あっさりレビューも、自分みたいな底辺ブロガーを釣る為にあるんじゃないの!?と思った次第。コメントを打つのもいいですが、コメントは1秒を語るのに1秒しか使えません。だからこその弾幕だったりするんですが、流れも埋もれもしない、自分だけの絶対領域が100文字分用意されているというのも良いものです。贅沢ぅ。

さて、その上記企画にて爽快Pのぽっぴっぽーを再見してて思った事などを。

長文につき以下格納


 ダンスのリアリティを出すためにはfps(*1)が高い方が良い。ただ、個人的に「気持ち良さ」という意味では、曲に合いさえすればフレームレートは無関係(え?当然だって?)。ヌルヌル動かなくても(もちろん動いても)気持ち良い。それを再認識させてくれたのが爽快Pです。

・フレーム(コマ)数
 昔のモノクロ映画等を見るとすごいカクカクしてます。10fpsくらいらしい。対して、箱○からの出力は60(30)fps。それはもう滑らかに動きます。滑らかって言われても、何と比べて滑らかなのか?アイマスだったら実写のダンスと比べるのが普通なんでしょうけど、自分の場合はアニメです。

 アニメにも踊りシーンがたくさんありますが、違和感を感じるものがほとんど。アニメは大抵3コマ作画(8fps)です。やっぱりそれだけの枚数ではうまく動いてるように見せるのは難しいんでしょうね・・・。実写は動きを取り込むのに対してアニメは動きを作らなければならない。それをやってるだけでもう神の集団なのに、その彼らでさえ難しいのならもう相当のもの。

 爽快Pのぽっぴっぽーに関しては、数えた感じで約438枚/3分=2.43fpsでした(多分)。ここまで少ない枚数で気持ちの良さを出している人は他にいるだろうか。いや、いな・・・いるかも


むびょーちゃんP (5:13付近)


itachiP (2:24付近)

↑のような感じで似たようなことを部分的に使っている作品もありますが、やっぱり始終通してやるという発想がすごいなぁ。

 そしてこれをアイマスでやるという所。冒頭で述べた「気持ち良さ」で言うなら、これは必ずしもアイマスでやるメリットは無いかもしれません。元動画でも十分気持ち良いですから。しかし、普段からヌルヌル動くシンクロ動画がたくさん作られているアイマスに界隈にある事で、逆にコマの少なさが爽快感を際立たせているんだなーと、そんな事を思いつつ再生していましたとさ。



きっと既に話題にされてきた事柄かと思ったけど、力入れて感想を書く練習と、自分用まとめに。

*1 :f(フレーム)/s(秒)=1秒間のフレーム(コマ)数
*2 :24fpsで作られ、1枚で3コマ分=1秒8枚=実質8fps
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

色々と詳しくありがとうございます ほっこり
想定していた以上に爽快感が演出できたようで嬉しい限り
止め絵で見せるという発想は過去のニコマス作品から着想を得ています
 ttp://rdg.blog118.fc2.com/blog-entry-565.html

それぞれの止め絵は全て0.4秒ずつ表示させてます
30fpsで動画制作してるので,12フレームずつですね
元曲のBPMと絡むことなんでしょうけど,ぴったりはまってくれて安心した記憶があります

あっさりレビュー,3月に開催予定なので是非とも足をお運びくださいませ

Re: No title

どうもー。こちらこそあっさりレビュー選んで頂いて光栄です。時間見つけて追ってくつもりなのでよろしくお願いします。

> それぞれの止め絵は全て0.4秒ずつ表示させてます
> 止め絵で見せるという発想は過去のニコマス作品から着想を得ています
>  ttp://rdg.blog118.fc2.com/blog-entry-565.html
うへぇやっぱりMAX2.5fpsでしたね・・・ズレた;
記事は初見でした(スイマセン)。なるほど、新しい発見もありそうだ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。