スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物語の閉じた世界

 アニメ・マンガのファンタジーに、リアルが切り込んだ時のショックときたら。

 やはり暇だという事はいいことですね。こういうのを読める時間があるという点で(他にもありますが)。
 上の記事はかんなぎ騒動と呼ばれるものから派生してますが、私はかんなぎをリアルタイムで追いかけている訳ではないのでコレについては良く知りません。ですが、後半の話は面白いと思ったので感想をばひとつ。例に百合を持ってきたところで食い付いてしまいました。何てわかりやすい例えだ・・・
 
 私自身、百合にエロが入ると萎えます。と思ったあとで、少女セクト(エロマンガ)大好きなことを思い出した。コレが唯一の例外なんですよね・・・まぁとりあえずこの存在を無視して考えます。百合は基本的には現実感がない方が好きです。マリみてとかですね。まぁ、リアルでこんな世界があったとしたら自分はどんな反応をするか解りませんが・・・

 その後のエロの例えについても同じように思った事が結構あります。我々のような彼女のいない人間にとっては(何)エロというのは自分の中の閉じた世界ですよね。そういった世界に他人を呼び込んだ場合に、ものすごい異物感はあると思います。少しでも順応しなければ排除するよう動いてしまう、とでも言いますか。

 記事は"切り離された楽園が動く時"として話をまとめていますが、これも最近よく考えていた事です。きっかけはBSマンガ夜話のよつばと回だったかな。
 よつばと、後はARIAとかもそうですが、こんな日が毎日、いつまでも続けばいいのに―と感じさせる所がありますよね。そういう所があるからこそ、夜話でも言ってましたがこんな楽園が実際にあるわけがないという虚無感も生まれるんでしょう。

 ただ、そんな楽園が永遠に続いたとしても、その閉じた回路は信号減衰を起こします。よつばとがどういう終わり方をするか想像もつきませんが、ARIAはいい終わり方だったと思います。アリシアさんが引退する事で灯里の閉じた世界は一旦崩壊しますが、一方でアリアカンパニーという、受け継がれながら残っていく物もある。そうやって変化しながらも楽しい事はあるんだ~と感じさせてくれる結末でした。



 現実でも、そうやって世界が広がっていけばいいのですが、かなりエネルギーの要る事で、怠け者な自分にとっては難しいことなのです・・・
スポンサーサイト

Who's Who

今年も残す所ひと月程なんですよね・・・解りません!

 さて、本日もニコマスの話を一つ。



 誕生日動画は数あれど、この方ほどの規模となるとそういないでしょう。ご存知(!?)whoPです。
ニコニコで美希がサムネの動画を開けば大抵この人と言っても過言ではないほどの美希スキーです。最近休止してましたが、誕生日と聞いて復活したのかな?まぁその、普通の人は引くと思います。
褒め言葉です!whoPサイコー!自分のマイリスもwhoPから始まりました。自然と名前覚えちゃったのもきっとこの人が最初です。

 詳しい話はまたいつか書くとして、今日は誕生日を祝いませう。上の動画は本日(11/23)連続うpされているものです。現時刻まだ完結しておりませんが、とにかく愛にあふれていますので興味あれば是非。

ついでにMSC3祭り

貼ってみるテスト



艶村敗者復活!これで勝つる!

んーちっさいですな

キャッツ

パチ・スロについて書いた事がなかったので一つ。

 同期に拉致られて始めたスロット、ありがちですがエヴァまごころから入りました。最初は結構入り浸ってましたが今は隔週くらいに残業のストレスを発散するかさらに沈むかの賭けに行く程度です。
 最近ではキャッツアイが久々に面白いと思いましたね。スペック的には辛いですが、初打ちBBがオリビアビッグだったのがマズかった・・・次に青7揃った時にはもうハマってました。リール制御、レバオンとかボタン停止で爆音、みたいなのが好きな自分にとってはかなり好きな部類です。通常時演出とかはアレですがね・・・

ってスロの事は書かなくても覚えてられるから書かないつもりだったのに!次は牙狼打ちに行ったら書くかもしれません。

さりげなく復活してみる

ばれるまで続けてやるッ!

というのも、記憶について考えた結果、手を動かしてる時が一番心に残ると言う結論に至ったのでこういう形で記憶を残してみようと復活した次第。いつまで持つやら・・

 毎日日付変更ギリギリに帰る日々でもニコマスだけはチェックしたいと思ってましたが・・・無理だった。
 そんなこんなで日曜ですが、敷居の部屋ゲスト木曜洋画劇場Pを聴いてました。自分はアイマス24のニコパラととある~の最初くらいしか見てなかったかな。ニコパラ同様、ラジオでもネタ→ガチの流れに(笑) でもまぁ今回でPの伝えたかった事を言っていたので、元映画を見てまたニコパラ見直そうと思いました。忘れないうちに・・・ってもう忘れかけてますけどね。最近忘れるのが加速しています。例えば今ラジオの内容を思い出してみましょう。途中から聴いたな・・ニコパラの話を中心に~とかで、嘘字幕系を上げてる人は木曜Pと聖上(?)Pくらいしかいなくて・・・そこからニコマスの歴史に繋がって~視聴者減ったのコメ職人減ったの言ってましたかね。お、結構覚えてる。愚民やらランクの除外等、カテゴリとしての幅を狭めるような事がイヤって言ってましたね。確かにイヤです。自分も好きなように作って好きなように見るのがいいと思います。ゲームの春香は薄いのにニコマスでは濃い部分を抽出してぶちまけたーとかも言ってましたかね。後は思い出の話と、その後はgdgdトークにwその辺覚えてないですw
 ただ、思い出の話はちょっと印象に残りました。ありすえP引退祭りの時の話。自分はその頃Pと言えばwhoPくらいしか知らなかった異端で、しーなわかむらありすえP辺りにはあまり思い入れはありません。ですがあの独特の空気感って言うのは何となくわかります。やっぱり何だかんだで人間は思い出に縛られてしまうでしょうね。アイマスでも思い出ボムですからねw確かにニコマスは幅が広いから、何でもない所でニコマスに使われた曲とかが流れると自分の中で思い出ボムが炸裂する(笑) ここはものすごく同意しました。

以上、今日の記憶。何かただのニコ厨トークをえらい真面目ぶって書いてしまったかなぁ・・・しかしまぁ自分なんてその程度でしょう。
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。