スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「木造迷宮」舞台探訪


木造迷宮」というマンガを読んでみました(1巻)。

 衝動買いなのですが、三文小説家の家で働く”良く出来た女中さん”のお話です。ヤイさんかわいい。細かい事無しにそれだけわかってれば楽しい作品だと思います。だがしかしあえて細かい事を気にして行こうと思う!


~舞台~
 時代的には戦前でしょうか。昭和にしては古すぎる印象があります。昔の事はあまり詳しくないので、登場人物等から時代設定なんぞを探ってみよう。


■女中(ヤイさん) ―差別用語??―
 これは差別用語の類?と思ってたのですが違うのでしょうか(調べた限りでは軽い放送禁止用語っぽい・・・?)。下女とかいう言葉もありますし、なんだか”上”が付く人もいそうですね。

 とりあえずマンガ内の表現に習って”さん”をつけて敬意を含ませておくのが良いのでしょうか。女中さん。これなら響きも悪くないかな?


■ダンナ(主人公?) ―どうやって生計を立てているのか・・・―
 自称三文小説家。売れない小説家という説明だけど、ここで気になったのがお金の話。貧乏の代名詞みたいな感じなのに、女中さんを雇えるのでしょうか?
 
僕の中でその辺をある程度納得させているのがサエコさんという従姉妹の存在です。見た目が資産家っぽく、ヤイさんも彼女の紹介で働いています。何というかもう全てサエコさんがお金の工面してるんじゃないのとも思えます。


■お金 ―給料とか―
 そもそも女中さんて給料制なのかどうか。奴隷じゃないんだし流石に貰っているのだろうけど、どれくらいなんでしょう?

 ちょっと調べたのですが出てこず。昔の事だからなぁ・・・現代でいうと家政婦さんということになるんでしょうか。家政婦の給料は1万円/日くらいみたいですが(高くね!?)、この時代設定だと高すぎる気もします。

 えーとメイド喫茶は時給900円程度みたいだし、それと同じくらいだとすると月10万くらいかな!


~蛇足的な近況~
 久々の更新なのに結局適当な結論に至ってしまった・・・やはりたまごまごごはんさんのようにはいかないという事ね。あと最近は仕事の事で頭が一杯だったりピュアなお店(主に理保)に行ったりと、プロデューサー業は休業中でございます。でもやっぱりニコマスの感想書く時が一番手が動く!(マンガとかは画像を使うコストが高いから・・・?)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>>sublockさん
差別用語
ははは。TV時代劇は全滅ですよ。
限られた用語しかなかった時代のドラマなのにそれをを禁止して、一体どんなドラマが出来るというのか。
(例:武士のイチブンという映画には”目暗”という単語が一つも出てこない。)

結論:紹介ページを見る限りヤイさんは可愛く見える。

Re: No title

>Tomさん
 難しいものですよね。どこまで配慮すればいいのか・・・。ともあれ、その結論だけは正しいと思います!
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。